株式上場の実務

みずほ銀行証券・信託業務部;みずほインベスターズ証券公開引受部【著】

内部管理体制、コンプライアンスの徹底に伴い、内容を刷新!株式上場の検討から上場後まで、企業と取引金融機関の実務のすべてが体系的にわかる。好評「株式公開の実務」の改題改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 株式上場検討開始(株式上場の定義
  • 株式上場のメリット ほか)
  • 第2章 株式上場の準備(株式上場に携わる関係者
  • 株式上場に関連する法律・規則 ほか)
  • 第3章 申請から上場まで(取引所の株式上場審査
  • 公募・売出手続 ほか)
  • 第4章 上場後(インサイダー取引
  • コーポレート・ガバナンス ほか)
  • 第5章 取引銀行と株式上場(銀行の役割
  • 銀行の市場誘導業務 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 株式上場の実務
著作者等 みずほインベスターズ証券公開引受部
みずほインベスターズ証券株式会社
みずほ銀行
みずほ銀行証券信託業務部
書名ヨミ カブシキジョウジョウノジツム
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 2007.10.19
ページ数 222p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-322-11143-9
NCID BA83700615
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想