戦争と政治学 : 年報政治学  2007‐1

日本政治学会【編】

[目次]

  • はじめに 戦争の変容と政治学の模索
  • 特集 戦争と政治学(マックス・ウェーバーにおける戦争と政治-"宗教社会学"への試論として
  • 書かれざる「戦争の政治学」-アレント革命論の理論的射程
  • 民主主義と武力行使-冷戦終焉後の展開とイラク戦争による転回
  • デモクラシーと戦争-政治思想としての国際政治
  • 戦争と政治理論-平和の政治理論の構築に向けた正戦論批判
  • R.M.ティトマスにおける戦争と福祉-「戦争と社会政策」再考)
  • 論文 包摂/排除をめぐる現代デモクラシー理論-「闘技」モデルと「熟議」モデルのあいだ
  • 書評
  • 学会規約・その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と政治学 : 年報政治学
著作者等 日本政治学会
書名ヨミ センソウトセイジガク : ネンポウセイジガク : 1
巻冊次 2007‐1
出版元 木鐸社
刊行年月 2007.9.10
ページ数 198p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8332-2396-6
NCID BA83117326
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想