ボッシュ「悦楽の園」の聖書における寓意的解釈 全篇英文版

グラム ピーター【著】<Glum Peter>

ヒエロニムス・ボッシュの「悦楽の園」は、現在多くの研究者によって宗教的かつ教訓的な絵と見なされているにもかかわらず、その内容は充分に解明されているとはいい難い。本書は、聖書を中心に説教集や教訓書などの宗教書や当時の百科全書にあたり、作品に描かれた寓意を詳細に解き明かしていく。かつて本作品を「最後の審判」と解釈し刺激的な説を提唱したピーター・グラムが、30年を経て到達した「悦楽の園」の実像とはなにか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 研究篇(The outside of the wings,and the structures at the top of the central panel
  • The procession around the circular pool
  • The birds,the thistles and the stones
  • The `fruits of evil' in the waters of the vices,and fruits and flowers of evil on land
  • The happenings in and around the waters around the fountain and in the sky
  • The Hell wing
  • The so‐called Paradise wing)
  • 図版篇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボッシュ「悦楽の園」の聖書における寓意的解釈 全篇英文版
著作者等 Glum, Peter
グラム ピーター
書名ヨミ ボッシュエツラクノソノノセイショニオケルグウイテキカイシャクゼンペンエイブンバン
出版元 中央公論美術出版
刊行年月 2007.6.25
ページ数 2 v.
大きさ 31 cm
ISBN 978-4-8055-0545-8
NCID BA83359584
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想