外交青書  平成19年版

外務省【編】

日米同盟や国際協調、近隣アジア諸国の重視に加えて、日本外交の新機軸「自由と繁栄の弧」について説明。北朝鮮を巡る諸問題への対処や中国、韓国との関係強化、国連改革や効率的な政府開発援助(ODA)の実施など、平成18年1年間の国際情勢と日本外交の取組を総括。第六十八代横綱・朝青龍関、タレント・パトリック・ハーラン氏(パックンマックン)、歌舞伎役者・十八代目中村勘三郎氏といった世界で活躍している著名人の声も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 概観(日本外交の新機軸(「自由と繁栄の弧」の形成)
  • 2006年の国際情勢と日本外交の展開)
  • 第2章 地域別に見た外交(アジア・大洋州
  • 北米
  • 中南米
  • 欧州
  • ロシア、中央アジアとコーカサス
  • 中東と北アフリカ
  • アフリカ(サハラ以南))
  • 第3章 分野別に見た外交(国際社会の平和と安定に向けた取組
  • 国際社会の繁栄の確保に向けた取組
  • 海外広報と文化外交)
  • 第4章 国際社会で活躍する日本人と外交の役割(国際社会で活躍する日本人・日本企業
  • 日本企業に対する支援
  • 海外における日本人の渡航、生活の安全と安心の増進に向けた取組
  • 日本社会の安全・安心の確保と外国人問題への対応)
  • 第5章 世論の理解と支持を得た日本外交(「主張する外交」の基礎となる戦略的情報発信
  • 外交実施体制の強化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外交青書
著作者等 外務省
書名ヨミ ガイコウセイショ : 19
巻冊次 平成19年版
出版元 佐伯印刷
刊行年月 2007.5.10
ページ数 270p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-903729-05-3
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想