医者がガンになった : 再発しても「絶対に諦めない」ための闘病論

川崎 平八郎【著】

今、アルコール摂取量の多い50歳以上の男性に『原発性肝臓ガン』が増加しているガンに誰しもかかる時代完治せずとも生きのびる道がある。ガンを諦めないための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 突然のガン告知-ガンは何の前触れもなくやって来た!
  • 第2章 原発性肝細胞ガンの治療-手術を行なうべきか、やめるべきか!?
  • 第3章 五回にわたるTAE治療(肝動脈塞栓療法)-私に残された、唯一の治療法
  • 第4章 内科的療法と外科的療法の違い-抗癌剤療法・放射線療法から、腫瘍摘出の外科的療法へ
  • 第5章 ガン再発の予防のために
  • 終章 発症から五年-ガンとの闘いはまだ終わらない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医者がガンになった : 再発しても「絶対に諦めない」ための闘病論
著作者等 川崎 平八郎
書名ヨミ イシャガガンニナッタ : サイハツシテモゼッタイニアキラメナイタメノトウビョウロン
出版元 新風舎
刊行年月 2007.8.15
ページ数 172p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-289-02556-5
NCID BA83114860
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想