進む生活の階層化、消費を牽引する成熟層 : 消費社会白書 : 平成趣味人の誕生  2007

「いざなぎ景気」を超えたと言われる、戦後最長の好景気。しかしそれを支える消費構造はこれまでと全く異なっている。中流意識の階層分化が進み、価値意識の多様化によって拡大し受け入れられ始めた格差社会。消費をリードし趣味に走る金持ち中年と、一方では生活防衛に走る団塊世代。「消費社会白書2007」は独自の切り口と鋭い分析により、多面的で複雑な消費を総合的かつ実践的に捉えた。消費市場の展望と購買行動の変化を掴み、今、行うべき戦略への指針がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 持続する消費の成長
  • 第2章 価値観の変化と階層意識の明確化
  • 第3章 世代交代で変わる人生の選択
  • 第4章 格差と先端意識が生み出す消費リーダー
  • 第5章 消費リーダーの趣味化
  • 第6章 進むネットワーク化
  • 第7章 機会費用で変わるチャネル選択と購買行動
  • 第8章 デジタルコンバージェンス市場の研究-携帯端末の事例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進む生活の階層化、消費を牽引する成熟層 : 消費社会白書 : 平成趣味人の誕生
著作者等 松田 久一
書名ヨミ ススムセイカツノカイソウカショウヒヲケンインスルセイジュクソウ : ショウヒシャカイハクショ : ヘイセイシュミジンノタンジョウ : 2007
巻冊次 2007
出版元 JMR生活総合研究所
刊行年月 2006.11.15
ページ数 117p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4902613107
NCID BA79987255
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想