インド流! : マルカスが紹介するお釈迦さまの国

マルカス【著】

宗教が生活に生きている悠久の国、インド。宗教の観点から見ると、インドやインド人はより理解しやすいものになる。インディラ・ガンジー元首相・ダライ・ラマ法王、松本清張氏、立松和平氏、瀬戸内寂聴氏などにインドの仏跡を案内した"立川談デリー"が語る古代から連綿と伝わるインド的精神、生活スタイル、習慣、ものの考え方。見ないとわからない、見てもわからない"マサラな"インドの魅力。「死ねば終わりではない、人生に締め切りはない」インド流に学べ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遠くて近い国(カレーの文化史
  • 宗教に収斂されるインドと日本の違い ほか)
  • 第2章 古くて新しい国(四千年ぐらい前からの習慣
  • マヌ法典 ほか)
  • 第3章 宗教と帰属をめぐって(印パ間の対立は宗教対立なのか
  • インドか?パキスタンか? ほか)
  • 第4章 インド人の作法(すべては神さまのおかげ
  • 死ねば終わりではない、人生に締め切りはない ほか)
  • 第5章 インド点描(インドの気候
  • 花の国、インド ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インド流! : マルカスが紹介するお釈迦さまの国
著作者等 Markus
マルカス
書名ヨミ インドリュウ : マルカスガショウカイスルオシャカサマノクニ
シリーズ名 サンガ新書
出版元 さんが
刊行年月 2007.8.20
ページ数 193p
大きさ 18×11cm
ISBN 978-4-901679-47-3
NCID BA83410295
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想