特攻の真実 : 命令と献身と遺族の心

深堀 道義【著】

なぜ特攻が行われ数千の青年が死んでいったのか。死地に送り出す論理…、散華する若者の心理…、あの特異な時代の日本人の真実を求め、残された者の歴史へ重く問い掛ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-刀を持って来い、腹を切る
  • 第1章 天皇陛下とムラの掟と戦場の三角形の中で
  • 第2章 志願か命令か
  • 第3章 特攻への道程
  • 第4章 送り出す側の論理
  • 第5章 送り出される側の心理
  • 第6章 責任と自決
  • 付章 菅原と大西の接点-空軍独立問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特攻の真実 : 命令と献身と遺族の心
著作者等 深堀 道義
書名ヨミ トッコウノシンジツ : メイレイトケンシントイゾクノココロ
出版元 原書房
刊行年月 2007.8.15
ページ数 370p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-562-04095-7
NCID BA56520530
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想