基地の島沖縄からの問い

新崎盛暉 著

事件、事故の連続で危険と隣合わせ。地位協定で立ちはだかる米軍と日本政府。米軍再編特措法は「麻薬とムチ」。沖縄の情況からヤマトに問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 沖縄を利用するアメリカ、そして日本(基地被害続く沖縄の現状
  • 沖縄の構造的差別の背景)
  • 2部 米軍基地に対峙する沖縄(日米同盟の現在と「国民保護」-多治見市国民保護講演会
  • 革新よ、どこへ行く-対談・〇六年知事選を振り返る
  • 人間の誇り高く闘う反戦地主-強制使用取消し訴訟での本人尋問から
  • 沖縄をめぐる状況と沖縄闘争の課題-一坪反戦地主・関東ブロック総会での講演
  • 日米同盟は日米共同覇権主義の枠組-米軍再編特措法の参考人発言から)
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基地の島沖縄からの問い
著作者等 新崎 盛暉
書名ヨミ キチ ノ シマ オキナワ カラ ノ トイ : ニチベイ ドウメイ ノ ゲンザイ ト コレカラ
書名別名 日米同盟の現在とこれから
出版元 八月書館
創史社
刊行年月 2007.7
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-915970-30-6
NCID BA82618461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22384725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想