絶対見逃せない!泌尿器科の危険サイン50 : 手術・放射線療法・化学療法後の観察と対応

荒井 陽一【監修】

[目次]

  • 第1章 手術後の危険サイン(全身状態
  • 血尿
  • 尿量 ほか)
  • 第2章 放射線療法後の危険サイン(前立腺癌の放射線療法中に肛門周囲に痛みが出て、頻便になってきた!-放射線性肛門直腸障害の危険サイン
  • 放射線照射後1〜2年たってから頻回な下血がある!-晩発性放射線性直腸炎の危険サイン
  • 回腸導管造設患者の骨盤内放射線療法中に急に血尿が出た!-回腸導管の放射線性腸炎の危険サイン ほか)
  • 第3章 化学療法後の危険サイン(抗癌剤の静脈注射後に腕が腫れてきた!-血管外漏出の危険サイン
  • BCGの膀胱内注入後に39℃の高熱が出た!-播種性BCG感染の危険サイン
  • インターフェロン投与後、ショック症状が出た!-アナフィラキシーの危険サイン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶対見逃せない!泌尿器科の危険サイン50 : 手術・放射線療法・化学療法後の観察と対応
著作者等 荒井 陽一
書名ヨミ ゼッタイミノガセナイヒニョウキカノキケンサインゴジュウ : シュジュツホウシャセンリョウホウカガクリョウホウゴノカンサツトタイオウ
出版元 メディカ出版
刊行年月 2007.5.30
ページ数 232p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-8404-1993-2
ISSN 13496549
NCID BA82929370
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想