波及・深化する糖鎖研究 : 糖鎖のもつ多彩な機能の解析と疾患研究に与えるインパクト

古川 鋼一;遠藤 玉夫;川嵜 敏祐【編】

さまざまな疾患や病態における糖鎖異常が明らかになり、医学・生物学のさらなる進展にとって、糖鎖の理解が今までになく重要な"鍵"になっている。本書では、疾患や病態における糖鎖の役割に関する現時点の知識と情報を整理している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 糖鎖研究のフロンティアと今後の展望
  • 第1章 免疫・感染
  • 第2章 脳・神経・筋
  • 第3章 癌
  • 第4章 発生・再生
  • 第5章 生活習慣病・慢性疾患
  • 第6章 治療応用
  • 第7章 糖鎖生物学の基盤技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 波及・深化する糖鎖研究 : 糖鎖のもつ多彩な機能の解析と疾患研究に与えるインパクト
著作者等 古川 鋼一
川嵜 敏祐
遠藤 玉夫
書名ヨミ ハキュウシンカスルトウサケンキュウ : トウサノモツタサイナキノウノカイセキトシッカンケンキュウニアタエルインパクト
出版元 羊土社
刊行年月 2007.5.1
ページ数 251p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7581-0282-7
NCID BA81792270
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想