退魔拳士キリカ

羽沢向一 小説

魅惑的な肢体をレザースーツで覆う東真キリカは、呪符を貼った場所に直接拳を打ち込むことで魔を祓う砕魔拳の使い手。キリカが助手の守彦を連れて訪れた別荘に現れたのは、謎の魔女集団「媚融魔座」。淫らな肉体を駆使し精を搾り取る魔女集団は執拗に守彦を狙い、キリカは戦っている間に彼を連れ去られてしまう。守彦を救い出そうと彼女が対峙する相手は媚融魔座のリーダー・メディア。しかし隙を突かれたキリカは、魔物の封じられた淫術呪符を身体に貼り付けられることで強制欲情させられてしまう。次々と現れる魔物によって全性感帯を嬲り尽くされるキリカ。彼女の目には発情しきった守彦の姿が。肉悦と白濁に溺れ、快楽漬けとなった美しき退魔拳士に反撃のチャンスは生まれるのか-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 退魔拳士キリカ
著作者等 羽沢 向一
書名ヨミ タイマ ケンシ キリカ : マジョ ノ インエン オ タタケ
書名別名 魔女の淫宴を叩け
シリーズ名 二次元ドリームノベルズ 233
出版元 キルタイムコミュニケーション
刊行年月 2007.6
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86032-388-2
全国書誌番号
22584556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想