労働者の健康と補償・賠償

日本労働法学会【編】

2006年10月15日に南山大学で開催された日本労働法学会第112回大会におけるシンポジウム「労働者の健康と補償・賠償」の報告論文を中心に編集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 報告(労働安全衛生と労災補償の現代的課題
  • 「過労死」の因果関係判断と使用者の責任
  • ストレス関連疾患の法的救済-補償と賠償の課題
  • 健康配慮義務を踏まえた労働者の処遇・休職・解雇
  • 労働者の安全・健康と国の役割)
  • シンポジウムの記録 労働者の健康と補償・賠償
  • 回顧と展望(改正男女雇用機会均等法
  • 期末手当等からの中間収入の控除の可否
  • 懲戒処分までの時間の経過と「処分の相当性」
  • 基礎疾患の存在と業務(公務)上外認定
  • ロックアウトの正当性
  • 労働者派遣契約の中途解除と派遣労働者の解雇・賃金請求権・休業手当請求権)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働者の健康と補償・賠償
著作者等 日本労働法学会
書名ヨミ ロウドウシャノケンコウトホショウバイショウ
シリーズ名 日本労働法学会誌 109号
出版元 日本労働法学会
法律文化社
刊行年月 2007.5.20
ページ数 198p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-589-03028-3
NCID BA81852088
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想