紫苑

瀧澤春 小説

竜王の加護を受けた一族として、月宮の地を治める姫武者・紫苑。彼女は日々刀を振るい、領民のための戦に明け暮れていた。しかし、ある日敵対する領主と結んだ妖夷の罠に嵌まり、苛烈な陵辱劇に巻き込まれてしまう。敵兵への口腔奉仕に始まる屈辱に満ちた責めの数々の果て、その胎内に埋め込まれるのは精液を吸収して成長する<肉華の種>。身分を隠して働くことを強いられた遊郭では、しどけない襦袢姿で客への髪コキ奉仕や緊縛浣腸といった恥辱を味わうことに。とめどなく白濁を浴びせかけられた凛々しき女武芸者は、やがてあられもない姿で牡精を求めてゆく。悦楽に疼く豊満な肢体を自らの家臣、そして愛馬・飛凰にまで貪られてゆく紫苑の行く末は-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紫苑
著作者等 瀧澤 春
書名ヨミ シオン : カンキ ノ ヒメムシャ
書名別名 姦喜の姫武者
シリーズ名 二次元ドリームノベルズ 232
出版元 キルタイムコミュニケーション
刊行年月 2007.5
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86032-387-5
全国書誌番号
22584545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想