OECD日本経済白書  2007

OECD【編】;大来 洋一【監訳】

政府としての立場を守らなければならない経済財政白書に対して、国際機関の視点から、各国のデータとの比較により日本の政策を率直に評価しているのがこのOECDレポートである。2007年版では、日本経済の動向とともに、イノベーションシステムの強化、世界経済への統合といった将来志向のテーマに加え、最近のホットイシューである所得格差の問題なども取り上げ、分析と評価を行っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の経済パフォーマンス改善を持続させるための主要な課題
  • 第2章 デフレの完全終焉の確実化と銀行部門の健全性の維持
  • 第3章 財政再建への戦略
  • 第4章 所得格差、貧困、社会支出
  • 第5章 経済成長を持続させるために日本のイノベーション・システムを向上させる
  • 第6章 グローバリゼーションからより十分な便益を受けるための日本の世界経済への統合の強化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 OECD日本経済白書
著作者等 Organisation for Economic Co-operation and Development
古川 彰
大来 洋一
川辺 英一郎
松多 秀一
渡邊 東
経済協力開発機構
飛田 史和
OECD
書名ヨミ OECDニホンケイザイハクショ : 2007
巻冊次 2007
出版元 中央経済社
刊行年月 2007.5.15
ページ数 255p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-502-65880-8
NCID BA5997548X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想