人工臓器は、いま : 暮らしのなかにある最先端医療の姿

日本人工臓器学会【編】

[目次]

  • 序章 はじめて知る人工臓器
  • 第1章 暮らしの中の人工臓器
  • 第2章 休むことなく体中に血液をめぐらせる-ハイテクメカと機能性材料が可能にする循環系人工臓器の世界
  • 第3章 体内の化学反応の調整と体液の浄化-生体機能の解明が生み出した代謝系人工臓器の世界
  • 第4章 音や光を守りたい 感覚情報の脳への橋渡し-五感を取り込み電気信号に変える感覚器系人工臓器の世界
  • 第5章 からだを形づくる、ささえる、まもる-材料の特性に依存した構造系人工臓器の世界
  • 終章 人工臓器の未来図を描く-大学・企業開発の現場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人工臓器は、いま : 暮らしのなかにある最先端医療の姿
著作者等 日本人工臓器学会
書名ヨミ ジンコウゾウキハイマ : クラシノナカニアルサイセンタンイリョウノスガタ
出版元 はる書房
刊行年月 2007.4.16
版表示 オンディマンド版
ページ数 441p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-89984-085-5
NCID BA82353141
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想