ありのままの自分 : アイデンティティの常識を超える

スマナサーラ アルボムッレ【著】<Sumanasara Alubomulle>

一人の人間には複数の「顔(性格)」があります。「自分」とは確固たるものではなく、絶え間なく変化するものです。得体の知れない「自分」に翻弄されないために、お釈迦さまは「ありのままの自分」を発見することを説かれます。そのために大切なことは、複雑な自分の心に気づき、心の悪を善に置き換えること。それだけではありません。さらにお釈迦さまは、「たった一つの自分に出会う瞬間もある」と語られているのです。ブッダの智慧が「自分」の謎を解き明かします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本音と建前(本音と建前の二重構成
  • いじめられ続ける本音 ほか)
  • 第2章 さまざまな顔を持つ自分(社会は1つではありません
  • 無数の顔、無数の人格 ほか)
  • 第3章 自己欺瞞の方程式(自己欺瞞の問題から除外される人
  • 自己欺瞞で善を演じる大間違い ほか)
  • 第4章 本当の自分に出会う(「正直」を知り尽くす
  • 仏教が認める4つの正直 ほか)
  • 第5章 ありのままに生きられる幸福(裏と表の対立を解消する
  • 瞬間の心は1つ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ありのままの自分 : アイデンティティの常識を超える
著作者等 Sumanasara, Alubomulle
スマナサーラ アルボムッレ
書名ヨミ アリノママノジブン : アイデンティティノジョウシキヲコエル
シリーズ名 お釈迦さまが教えたこと 4
出版元 さんが
刊行年月 2007.5.20
ページ数 205p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-901679-35-0
NCID BA83506805
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想