龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ

田島 征彦【文】;関屋 敏隆【絵】

坂本龍馬が大阪にあらわれた。よしおくんに「中岡はどこぜよ」とたずねるから、こまってしまった。自転車のうしろへ龍馬をのせたよしおくんは、大阪の町を走る。「中岡はどこぜよ」中岡慎太郎というオッサンと、どこで会えたと思う?「たかでたまるか!」(こらぁ、たいへんなこっちゃ)思いもよらぬ結末へきみをぐんぐんさそいこむSFナンセンス絵本の傑作。ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞特別推薦受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ
著作者等 田島 征彦
関屋 敏隆
書名ヨミ リョウマノエホンナカオカハドコゼヨ
出版元 ブッキング
刊行年月 2007.3.31
ページ数 [32p]
大きさ 31cm
ISBN 978-4-8354-4287-7
NCID BA82191334
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想