放送研究と調査 : NHK放送文化研究所年報  2007 第51集

NHK放送文化研究所【編】

[目次]

  • デジタル時代における視聴者の変容と公共放送-問われるサービスとその社会的使命
  • メディアとしての検索エンジン
  • 漢語の読み方はどのように決められてきたか-戦前の放送用語委員会における議論の輪郭
  • 映像メディアの国際化-日米英の政策比較を中心にして
  • コミュニケーションの自由と公共放送-B.リボワの公共コミュニケーションの哲学から
  • 「携帯電話」は子どもたちを豊かにしたのか?-その「利益」と「損失」へのアプローチ
  • 支持率の"復活力"と底流にある2大政党化-世論調査データに見る小泉内閣の5年5か月
  • 判例法的積み上げ、着実に形成される倫理基準-BRC10年の歩み
  • 英文要約

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放送研究と調査 : NHK放送文化研究所年報
著作者等 日本放送協会放送文化研究所
日本放送協会総合放送文化研究所
NHK放送文化研究所
書名ヨミ ホウソウケンキュウトチョウサ : エヌエイチケイホウソウブンカケンキュウショネンポウ : 2007 51
巻冊次 2007 第51集
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2007.3.30
ページ数 314p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-14-007227-1
NCID BN13301435
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想