プロトン新健康革命 : 病気にならない自然回帰への新健康バイブル

瑞木 公一【著】

酸化社会に生きる現代人に必要な"解毒"と"充電"。そのカギを握る物質"プロトン"とは…まったく新しい健康理論をわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 酸素のないところで生命は誕生した-宇宙と進化論(最初は酸素がなかった地球上に、水を分解、酸素を放出する生物が現れ、充満した酸素が生命を脅かした。
  • もともとは有毒ガスだった酸素を、エネルギー源に変えた「進化生物」も、暴れん坊の「活性酸素」には手を焼いた。 ほか)
  • 第2章 酸化社会に生きる現代人-健康リスクに満ちた現状(現代病は、活性酸素がつくる体のサビ。酸化したサビや腐敗が、「病気のデパート」をつくりだす。
  • 現代は酸化社会-。普通の生活に忍びこむ、食べ物、ストレスの活性酸素。 ほか)
  • 第3章 酸化社会を生き抜く方法-自然から学び、日本人の知恵に学ぶ(水ほど「危険」な物質はない。ロケット燃料から地球爆発まで、水は未曾有のパワーをもつ。
  • 水ほど特殊な物質はない。柔らかく硬くクリーンであり、複雑な反応系をつかさどる水。 ほか)
  • 第4章 病気の起因場所は、腸内環境-人の一生は解毒との闘い(十二指腸から下は、太古のなごり。酸素の嫌いな善玉腸内菌が、有害な「腐敗」でなく、有益な「発酵」をつかさどる。
  • 本当のデトックス(体内浄化)とは、腸内に水素を送りこみ、酸素を水にして追いだすこと。 ほか)
  • 第5章 プロトン科学研究所の唱える健康バイブル-研究所の歩みと成果(世界に伝わる奇跡の水。難病回復の奇跡は、活性酸素の解毒作用にある。
  • 奇跡の水の正体は、(OH-)に満ち満ちた、"水素過剰水"のことだった。 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロトン新健康革命 : 病気にならない自然回帰への新健康バイブル
著作者等 瑞木 公一
書名ヨミ プロトンシンケンコウカクメイ : ビョウキニナラナイシゼンカイキヘノシンケンコウバイブル
出版元 ジーオー企画出版
刊行年月 2007.3.30
ページ数 202p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-921165-40-6
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想