姫将軍リューネリア

葉原鉄 小説

聖アグネリス王国の王女にして「暁の龍翼軍」を率いる姫将軍・リューネリア。野盗から領民を守り、強い信念のもと統治を行う彼女であったが、悪徳貴族の策謀に陥り、平民たちの反乱によって囚われてしまう。魔女の嫌疑をかけられた姫君に、容赦ない陵辱が襲いかかる。精液入りのスープを舐め啜る屈辱的な姿を晒した上、純潔を散らされ性奴隷のごとく弄ばれていくリューネリア。彼女は騎士として気高く耐え忍ぶが、暴徒と化した民衆の狂気はさらに膨れ上がる。衆人環視の中、芋虫生物にアナル内を侵食され、忌まわしき巨豚に膣内を蹂躙され尽くし、身も世もなく悶え果てる姫将軍。輝かしい金色の鎧は卑猥に造り変えられ、何者の精液でさえ孕んでしまう淫らな身体となったリューネリアの瞳は、次第に快楽に淀んでいくのだった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 姫将軍リューネリア
著作者等 葉原 鉄
書名ヨミ ヒメショウグン リューネリア : グレン ノ インジョウ
書名別名 紅蓮の淫城
シリーズ名 二次元ドリームノベルズ 226
出版元 キルタイムコミュニケーション
刊行年月 2007.3
ページ数 256p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86032-363-9
全国書誌番号
22571993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想