人口減少時代の到来と地域経済 : 九州経済白書  2007年版

九州・山口はかつて経験したことのない人口減少時代を迎えている。人工は経済のあらゆる分野に関わること、また消費者と生産者の両面を有することから、地域経済に大きな影響を及ぼすと考えられる。そこで、地域経済がどのように変化するのか、さらには地域で事業を営む経済主体がどのような対応を求められているのかを本論で明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 人口減少時代の到来と地域経済
  • 1章 小売・サービス業
  • 2章 住宅・不動産業
  • 3章 道路旅客運送業
  • 4章 製造業
  • 5章 農業・農村集落
  • 参考資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口減少時代の到来と地域経済 : 九州経済白書
著作者等 九州経済調査協会
書名ヨミ ジンコウゲンショウジダイノトウライトチイキケイザイ : キュウシュウケイザイハクショ : 2007
巻冊次 2007年版
出版元 九州経済調査協会
刊行年月 2007.2
ページ数 164p
大きさ 30×21cm
ISBN 978-4-903775-00-5
NCID BA80836268
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想