頭がよくなるきりがみドリル

川島 隆太【監修】;小林 一夫【著】

一枚の紙が、切ったり折ったりするたびに様々な姿形に変化していく楽しさ。両手を使い没頭する姿は、子供の自発性・積極性をバランスよく育てると言います。この本では、可愛い動物たち、美しい花から、親子で遊べるユーモア溢れる切り紙迄、幅広く紹介しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 切り紙で、脳が活性化する!
  • はさみの使い方
  • ねこのひげ
  • ふとん
  • いぬ
  • でんしゃ
  • わっかづくり
  • かめ
  • はと
  • たこ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頭がよくなるきりがみドリル
著作者等 小林 一夫
川島 隆太
書名ヨミ アタマガヨクナルキリガミドリル
出版元 学研
学習研究社
刊行年月 2007.3.12
ページ数 94p
大きさ 21×15cm
ISBN 978-4-05-202655-3
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想