自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望

日本交通法学会【編】

[目次]

  • シンポジウム 自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望(自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望
  • 自賠法における責任論の推移と課題
  • 後遺障害認定の変遷と課題-支払基準の法的拘束力を含む
  • 政府保障事業をめぐる現代的課題)
  • 個別報告(民法509条(不法行為債権の相殺禁止)の射程距離-大阪高裁平成17年7月6日決定判時1918号17頁
  • 中間利息控除の割合について)
  • 学会関連資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望
著作者等 日本交通法学会
書名ヨミ ジドウシャソンガイバイショウホショウホウシコウゴジュウネンノキセキトテンボウ
シリーズ名 交通法研究 第35号
出版元 有斐閣
刊行年月 2007.2.26
ページ数 188p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-13484-3
ISSN 09117091
NCID BA80901891
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想