倉敷・宮島殺人回廊

梓 林太郎【著】

上高地のホテルに全身びしょ濡れの女性が二人転がり込んできた。一緒に登山したガイドと女性が行方不明だという。行方不明になった女性は早坂知恵、四十八歳。二人は知恵の娘と妹だった。事情を聞きに来た安曇野警察署の伏見刑事は「早坂」という名字に心当たりがあった。娘の加奈子に尋ねると、五カ月前、雪崩に巻き込まれて亡くなった父親の追悼にきたという。捜索の結果、二人は遺体で発見されたが、知恵は首を真横に切られており、ガイドの柿沢はなんと黒焦げだった!人情刑事・道原伝吉シリーズ書下し最新作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倉敷・宮島殺人回廊
著作者等 梓 林太郎
書名ヨミ クラシキミヤジマサツジンカイロウ
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 2007.2.28
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-19-850733-6
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想