日本一やさしい!!エンピツ1本でぬれる 父と子のサーキットの狼ぬりえ 公道グランプリ編

池沢 早人師【著】

『サーキットの狼』は、1974年12月末から1979年6月まで、『週刊少年ジャンプ』誌上で約4年半に渡って連載された、池沢さとし(現・池沢早人師)先生の超大人気マンガです。これがきっかけとなり、スーパーカーブームに火がついて、日本中のチビッコが、スーパーカーに熱狂しました。おかげで、それまで一部のマニアのためのクルマだったスーパーカーが、日本中にひろく知れわたり、みんなのヒーローとなったのです。いま、父となった当時のチビッコのみなさん、このぬりえをエンピツでぬって、あの熱狂をよみがえらせ、元気になってください。そして、スーパーカーのすばらしさを、次の世代に伝えてください。『サーキットの狼』とスーパーカーは、永久に不滅です。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本一やさしい!!エンピツ1本でぬれる 父と子のサーキットの狼ぬりえ 公道グランプリ編
著作者等 池沢 早人師
書名ヨミ ニホンイチヤサシイエンピツ1ホンデヌレルチチトコノサーキットノオオカミヌリエコウドウグランプリヘン
出版元 ロコモーションパブリッシング
刊行年月 2007.1.31
ISBN 978-4-86212-052-6
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想