ツー・ファイブ・ジャズ・ライン

リップシアス フレッド【著】<Lipsius Fred>;香取 良彦【訳】

"ツー・ファイブ"は、ジャズのインプロビゼーションを行う上で、もっとも重要な鍵となるコード進行と言えます。それ故、"ツー・ファイブ"におけるジャズ・ラインをマスターすることが、ジャズ・インプロビゼーションを会得する近道となるわけです。本書では、全楽器に対応した"ツー・ファイブ"進行におけるジャズ・インプロビゼーションの方法を数多く紹介しています。同時に、これらのツー・ファイブ・ジャズ・ラインをすべてのキーで示すことで、自分のジャズ・インプロビゼーションの語彙に加えることができるようになっています。また、実際にそのスケールを使ってどのようにフレーズを組み立てればよいのか、その具体的な方法論をいくつも明快に示しています。そしてそれぞれの方法論にしたがって作られたフレーズを全500例収録しています。ジャズ・インプロビゼーションを自在にこなしたいという、すべての楽器のプレイヤーに必読していただきたい、これまでにない画期的なジャズ教則本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ツー・ファイブ進行における2m7(2m7(b5))とV7で使えるスケール
  • ツー・ファイブ・ジャズ・ラインをつくるための4つの基本的な方法
  • 2m7(2m7(b5))のコード・トーンまたはテンション・ノートから始まるツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • トライアド(三和音)によるツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • アプローチ・ノートを用いたツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • パッシング・コードを用いたツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • ブルース・スケールを用いたツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • 3連符をもとにしたツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • ライン・クリシェをもとにしたツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • V7の代理コードによるツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • ツー・ファイブ・ジャズ・ラインのパターン
  • ツー・ファイブ・ジャズ・ラインの使い回し
  • 繰り返されるツー・ファイブ進行上でのインプロビゼーション
  • タグ・エンディング上でのインプロビゼーション
  • すべてのメジャー・キーにおけるさまざまなツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • すべてのマイナー・キーにおけるさまざまなツー・ファイブ・ジャズ・ライン
  • 同じジャズ・ラインを異なるキーで演奏する(メジャー・キー)
  • 同じジャズ・ラインを異なるキーで演奏する(マイナー・キー)
  • 連続するツー・ファイブ進行上のジャズ・ライン
  • 自分のアイディアでツー・ファイブ・ジャズ・ラインを完成させる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ツー・ファイブ・ジャズ・ライン
著作者等 Lipsius Fred
香取 良彦
リップシアス フレッド
書名ヨミ ツーファイブジャズライン
出版元 リットーミュージック
刊行年月 2007.1.26
版表示 新装新版
ページ数 142p
大きさ 29×23cm
ISBN 978-4-8456-1389-2
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想