宮沢賢治 妹トシの拓いた道 : 「銀河鉄道の夜」へむかって

山根 知子【著】

[目次]

  • 第1部 トシの生涯と信仰
  • 第2部 トシから賢治へ(賢治の前を歩んだトシ-信仰・死生観・病気・自省・愛
  • 賢治の死後世界への意識の変遷-トシのメーテルリンク受容との関わりから
  • 賢治の「宇宙意思」-トシ・成瀬仁蔵・タゴールとの関連
  • 賢治の芸術観--トシ・成瀬仁蔵・タゴールとの共鳴)
  • 第3部 「銀河鉄道の夜」論(「銀河鉄道の夜」とタイタニック号事件-科学と宗教をめぐって
  • 「銀河鉄道の夜」と"新世界交響楽"-『ハイアワサの歌』と黒人霊歌を中心に
  • 「銀河鉄道の夜」における「新世界」-新世界交響楽との関わりから
  • 「銀河鉄道の夜」の「セロのやうな声」-セロよ汽車と四次元
  • 「銀河鉄道の夜」における宗教性-トシの拓いた道)
  • 資料(宮沢トシ自省録原文
  • 宮沢トシ略年譜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治 妹トシの拓いた道 : 「銀河鉄道の夜」へむかって
著作者等 山根 知子
書名ヨミ ミヤザワケンジイモウトトシノヒライタミチ : ギンガテツドウノヨルヘムカッテ
出版元 朝文社
刊行年月 2007.1.20
版表示 第二版
ページ数 389p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-88695-193-9
NCID BA63719064
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想