やっちゃ場伝 : 青物市場に伝承された400年の世相と食

神田川 菜翁【著】

家康に呼ばれて江戸に来た青物商人たち、近藤勇が故郷に送った京野菜の種子-。十五代続く老舗の末裔だからこそ、業界生活六〇年の競り人だからこそ、経験し、知っていて、語れるやっちゃ場(青物市場)にまつわる数々のエピソード。これまでまったく語られたことのない市場の中から見た四〇〇年の歴史を、講談の口調でお届けする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一声千両-やっちゃ場の成立
  • 第2章 一富士、二鷹、三茄子-江戸後期
  • 第3章 大根一本、千六本-やっちゃ場の社員教育
  • 第4章 新撰組と京野菜-明治維新
  • 第5章 汽笛一声-京・大阪の青物市場
  • 第6章 乃木大将とみかん-明治・大正期
  • 第7章 りんご可愛や-戦前・戦後
  • 第8章 青物千一夜-江戸青果物研究連中の青物談議と市場符丁

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やっちゃ場伝 : 青物市場に伝承された400年の世相と食
著作者等 神田川 菜翁
書名ヨミ ヤッチャバデン : アオモノイチバニデンショウサレタヨンヒャクネンノセソウトショク
シリーズ名 サンガ新書
出版元 さんが
刊行年月 2007.2.20
ページ数 323p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-901679-32-9
NCID BA80770385
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想