収容所群島  4

ソルジェニーツィン A.【著】<Солженицын А.>;木村 浩【訳】

20世紀のソ連では、半世紀にわたって数百の収容所が点在し、多くの市民が不当に収容され、労働を強いられ、死んでいった。『収容所群島』は、その実態を暴く渾身の告発の書である。しかし本書には別の面がある。ソルジェニーツィンはここで、記憶の政治に抵抗し、犠牲者の回想、噂話、匿名の手紙を丹念に拾いあげながら、収容所群島の不条理で滑稽なありさまを、そしてそれを支える人間の愚かさを、実に「生き生き」と描き出している。『収容所群島』には怒りだけではなく、笑いと愛が満ちている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 収容所群島
著作者等 Solzhenit︠s︡yn, Aleksandr Isaevich
木村 浩
ソルジェニーツィン A.
書名ヨミ シュウヨウショグントウ : 4
巻冊次 4
出版元 ブッキング
刊行年月 2007.2.15
ページ数 459,23p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-8354-4275-4
NCID BA78294865
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想