"若者への食育"7つの実践 : 食育活動 : 「食育空白の世代」へのアプローチ  No.4

農文協【編】

本号では「"若者"の食育」を特集し、"現状編1"では、現代の若者のリアルな食事情を掘り下げ、生活習慣病の視点から話題となっているメタボリックシンドロームや女性の痩身願望などについて取り上げた。また"実践編1"では、家庭を離れ一人暮らしを始めた大学生や社会人など食指導の届きづらい層への食育をどう進めるのかに着目し、地元を離れる直前に高校生や新社会人に対し仕掛ける自炊料理教室や、地域の事業所の若者に注目し積極的に働きかける『出前型』食育の取組み、また食育の有効な場となっている社員食堂の効果的なツールの開発という創造的な実践を掘り下げた。さらに、「話題の『食育実践プログラム』の手法」「学生と大学生協の連携」「大学生も変わる『弁当の日』」「若者が発信する『食』と『農』」を含む「七つの実践」を紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭言 「基本法」の三つの柱をつないだ食育推進を
  • 特集 "若者への食育"7つの実践-「食育空白の世代」へのアプローチ(若者を半歩先に誘う食育を-「食卓の向こう側」に見た現代若者の食事情
  • 懸念される生活習慣病予備群!-現代の若者の健康状態と食生活
  • "食育"で一人暮らしの若者の食生活をサポートする-福井県小浜市「新生活応援隊」の若者向け料理教室
  • 地域の事業所へ「出前型」食育活動で若者にアプローチ
  • 定年までの食生活を応援!-社員食堂は社会人のもっとも身近な食育の場
  • 小学生から大学生まで-七つの技と考え方を押さえれば見る間に変わる「食育実践プログラム」
  • なぜ京大生の自炊率は高いのか!-主体的な学生企画と「食の自立」を支える大学生協のコラボレーション
  • 小学校で開発された「弁当の日」は大学生にも有効だった-弁当づくりを介して身につく「生活創造」の力
  • 都会の中心で「食」と「農」をさけぶ若者たち-農業戦隊アグレンジャーの食育フェア取材体験レポート)
  • 連載

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 "若者への食育"7つの実践 : 食育活動 : 「食育空白の世代」へのアプローチ
著作者等 農山漁村文化協会
農文協
書名ヨミ ワカモノヘノショクイクナナツノジッセン : ショクイクカツドウ : ショクイククウハクノセダイヘノアプローチ : 4
巻冊次 No.4
出版元 農山漁村文化協会
農文協
刊行年月 2006.12.1
ページ数 96p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4540060333
ISSN 09140050
NCID BA8674855X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想