「官から民へ」の次を担うもの : 公民連携白書  2006〜2007

東洋大学大学院経済学研究科【編著】

[目次]

  • 第1部 公民連携の動き2006〜2007年(近年の公民連携の動き
  • 2006年の公民連携の動き(公共サービス型)
  • 2006年の公民連携の動き(公共資産活用型)
  • 2006年の公民連携の動き(規制・誘導型)
  • 公民連携の環境 ほか)
  • 第2部 公民連携トピックス2006年(PFIの新たな展開
  • 指定管理者制度の現状と今後の課題
  • 市場化テスト
  • 財政構造改革と地方分権の行方
  • 地方自治体の資金調達をめぐる環境変化 ほか)
  • 第3部 公民連携キーワード解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「官から民へ」の次を担うもの : 公民連携白書
著作者等 根本 祐二
公民連携推進研究会
東洋大学大学院経済学研究科
書名ヨミ カンカラミンヘノツギヲニナウモノ : コウミンレンケイハクショ : 2006-2007
巻冊次 2006〜2007
出版元 時事通信
時事通信出版局
時事通信社
刊行年月 2006.12.15
ページ数 140p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4788706725
NCID BA79937075
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想