昭和の鹿児島 : 写真で甦る、あの頃の記憶

薗部 澄;新村 ゆたか;石原 寛;住 高秀【写真】;西潟 正人【文】

昭和三〇年代を感慨深く思う世代は、次世代にその夢と希望を託している。戦後の復興期を過ぎて、今思えば日本は高度成長期の入り口だったのか。しかし庶民の生活は、決して楽ではなかった。たくましい生活力と笑顔だけが、記憶に残る。あの時代へ、古いアルバムを紐解いてみたくなった。見知らぬ親子や、町行く人々がたまらなく懐かしい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鹿児島の日常
  • 第2章 乗り物が運んでくれたもの
  • 第3章 人・祝祭・風物詩
  • 第4章 特産品のある風景
  • 第5章 鹿児島各地を巡る旅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和の鹿児島 : 写真で甦る、あの頃の記憶
著作者等 薗部 澄
西潟 正人
住 高秀
石原 寛
新村 ゆたか
書名ヨミ ショウワノカゴシマ : シャシンデヨミガエルアノコロノキオク
出版元 生活情報センター
刊行年月 2006.12.20
ページ数 159p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 486126314X
NCID BA80109354
BA88588090
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想