東南アジア : 歴史と文化  35

東南アジア史学会【編】

[目次]

  • 論文(パリ外国宣教会のベトナム宣教とカテキスタ-18世紀末から19世紀前半におけるトンキンのキリスト教社会
  • ビルマ式社会主義と軍内政治-ネー・ウィン体制の国家イデオロギー形成をめぐる一試論)
  • 研究ノート(東北タイにおけるタムノップ潅漑と天水田の発生
  • 米国の対ミャンマー制裁介入をめぐる政策対立と「史実の書き換え」-「人権と麻薬の衝突」に関する公式資料の分析を中心として
  • スハルト新秩序体制におけるRT/RW制度の嚆矢-ジャカルタにおける1966年RT/RW法制化
  • インドネシア「改革」時代に見る村落統治の変容の様子-西ジャワ州バンドン県のN村の事例)
  • 新刊書紹介

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジア : 歴史と文化
著作者等 東南アジア史学会
東南アジア学会
書名ヨミ トウナンアジア : レキシトブンカ : 35
巻冊次 35
出版元 山川出版社
刊行年月 2006.5.30
ページ数 206p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4634683717
NCID BN02437639
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想