えんぴつで読み書き味わう島崎藤村

萩野 貞樹【監修】

この本は、島崎藤村の、「名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実一つ」の「椰子の実」や、「まだあげ初めし前髪の林檎のもとに見えしとき」の「初恋」など、忘れがたい詩の数十篇、またいくつかの記念碑的小説の一節を拾いあげて編集されています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 初恋(『若菜集』より)
  • 自序
  • 序のうた(『若菜集』より)
  • 草枕(『若菜集』より)
  • 春一 たれかおもはむ(『若菜集』より)
  • 春三 春は来ぬ(『若菜集』より)
  • おくめ(『若菜集』より)
  • 夜明け前 第一部 上
  • 秋に隠れて(『若菜集』より)
  • 秋風の歌(『若菜集』より)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 えんぴつで読み書き味わう島崎藤村
著作者等 萩野 貞樹
書名ヨミ エンピツデヨミカキアジワウシマザキトウソン
出版元 リヨン社
二見書房
刊行年月 2006.11.24
ページ数 157p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4576061828
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想