鎌倉遺文研究  第18号

鎌倉遺文研究会【編】

[目次]

  • 論文(「筑後鷹尾文書」年月日未詳後鳥羽院庁下文について-筑後国瀬高下庄と徳大寺家
  • 国家機構としての地頭制度と幕府裁判機能)
  • 翻刻と注釈(『勘仲記』弘安四年冬記)
  • 研究餘瀝(南北朝・室町期における在京と小早川氏
  • 『鎌倉遺文』未収録「東寺百合文書」(18)
  • 東京大学史料編纂所「鎌倉遺文フルテキストデータベース」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉遺文研究
著作者等 鎌倉遺文研究会
書名ヨミ カマクライブンケンキュウ : 18
巻冊次 第18号
出版元 吉川弘文館
鎌倉遺文研究会
刊行年月 2006.10.20
ページ数 96p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4642089985
ISSN 13450921
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想