夏目漱石

岡部茂 著

「則天去私」思想は親友の妻大塚楠緒の死の衝撃がもたらしたものであることと、妻鏡子の良妻説を証す画期的な評論。漱石研究の必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『明暗』と漢詩
  • 「夢」の実像
  • 虚・空・無・静・清
  • 「九」と「柳」の因縁
  • 明と暗
  • 原風景
  • 大塚楠緒の死
  • 色相世界
  • 「夢」の女と絵
  • 解脱の旅
  • 隠蔽と暴露
  • 狂気とカタルシス
  • 新しい女

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夏目漱石
著作者等 岡部 茂
書名ヨミ ナツメ ソウセキ : 「 ソクテン キョシ 」 ノ ケイフ
書名別名 「則天去私」の系譜

Natsume soseki
出版元 文芸書房
刊行年月 2006.11
ページ数 513p
大きさ 18cm
ISBN 4894772434
NCID BA80172601
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22653214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想