大人の塗り絵ノート 「鳥獣戯画」編

須貝 稔【絵】;川名 淳子【文】

平安末期から鎌倉初期に作られた国宝絵巻「鳥獣戯画」は、鳥羽僧正覚猷の作との伝承も残されていますが、確証はありません。詞書のない絵巻なので、何のために作られたのか、何を表現しようとしたものかもわからない不思議な絵巻です。しかし、墨の濃淡で表されたみごとな描写には目を見張るものがあります。擬人化された動物によって遊戯や法会を描いた場面の数々は特に有名で、さまざまなデザインにも使われています。この絵巻に自由な発想で色をつけて、魅力的な動物や人間を思うままに躍動させてみませんか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 兎と猿の水遊び(甲巻より)
  • 2 兎と蛙の賭弓1(甲巻より)
  • 3 兎と蛙の賭弓2(甲巻より)
  • 4 田楽見物の喧嘩(甲巻より)
  • 5 兎と蛙の相撲(甲巻より)
  • 6 猿の法会1(甲巻より)
  • 7 猿の法会2(甲巻より)
  • 8 天翔ける竜(乙巻より)
  • 9 首引きの遊戯(丙巻より)
  • 10 猿の山車(丙巻より)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大人の塗り絵ノート 「鳥獣戯画」編
著作者等 川名 淳子
須貝 稔
書名ヨミ オトナノヌリエノートチョウジュウギガヘン
出版元 角川学芸出版
角川書店
刊行年月 2006.10.31
ISBN 404621113X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想