肉・魚・大豆で若さを保つ

落合 敏【著】

いつまでも若々しく健康でいるためには、野菜だけではダメ!人の身体を構成する60兆の細胞のうち、核の主成分はアミノ酸すなわちたんぱく質、膜の主成分は脂質です。いい身体を作るには、主要成分であるたんぱく質の摂取のしかたが重要です。野菜に多いビタミンやミネラルも、たんぱく質や脂質との組み合わせで、はじめて有効成分として生きるのです。テレビでおなじみの食べ物博士が、主要なたんぱく食材の成分をわかりやすく解説し、上手な食べ方、お勧め料理を紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 卵(卵-完全な栄養バランスを持つ最高の食品・栄養素・卵の選び方・食べ方)
  • 第2章 魚・海産物(不飽和脂肪酸が、コレステロール過多を抑える
  • アジ-おいしい魚だが、脂肪が多く酸化も早い ほか)
  • 第3章 大豆・大豆製品(大豆-「畑の肉」といわれる高たんぱく食材
  • 豆腐-コレステロールを低下させる健康食品 ほか)
  • 第4章 肉・肉加工品(牛肉-おいしい食材だが、脂肪のとりすぎに注意を・牛肉の選び方・保存・安全性
  • 牛・肩肉-脂肪が少ないので脂抜きは不要 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肉・魚・大豆で若さを保つ
著作者等 落合 敏
書名ヨミ ニクサカナダイズデワカサヲタモツ
シリーズ名 サンガ新書
出版元 さんが
刊行年月 2006.11.20
ページ数 195p
大きさ 18cm
ISBN 4901679279
NCID BA80560258
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想