バレリーナ谷桃子の軌跡 : バレリーナへの道  VOL.65

戦後のバレエ史を築いた谷桃子85年の記録。石井漠の門下から小牧バレエのクラシックバレエへ入門。48歳で引退するまで、プリマバレリーナとして一世を風靡した。谷桃子に魅了された芸術家、踊ったパートナー、指導を受けたダンサーたちの声満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • バレエ人生の思い出
  • 谷桃子さんと私
  • 心に残る谷桃子
  • 戦後のバレエ史を築いた谷桃子
  • 谷桃子と踊ったパートナー
  • 谷桃子の舞台で踊る
  • 谷桃子バレエ団で指導を受けた人たち
  • 芸談 谷桃子、ジゼルを語る(聞き手・山野博大)
  • 谷桃子バレエ団上演作品

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バレリーナ谷桃子の軌跡 : バレリーナへの道
書名ヨミ バレリーナタニモモコノキセキ : バレリーナヘノミチ : 65
巻冊次 VOL.65
出版元 文園社
刊行年月 2006.10.24
ページ数 155p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4893362151
NCID BA79559750
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想