翔べ 日本ワイン : 現状と展望

大塚 謙一;山本 博【編】

日本で、国際的レベルのワイン造りに挑戦している人達の衝撃的告白。この赤裸々な現場の声にワインを愛する人達はぜひ耳を傾けてほしい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本ワインの課題(日本のワインの変遷
  • 日本のワイン造りの将来-激動の中の模索
  • 日本市場における日本産ワイン-現況と展望
  • ブドウ栽培と改良 ほか)
  • 第2部 わがワイナリー わがワイン(マイクロワイナリーの生き方-長野県 ヴィラデストワイナリー
  • 小さなワイナリーからのメッセージ-山梨県 機山洋酒工業(株)
  • 誰でもがヴィンヤードとワイナリーをつくれる時代に-長野県 小布施酒造(株)小布施ワイナリー
  • 蔵王の火山灰地に克つ-山形県 (有)タケダワイナリー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翔べ 日本ワイン : 現状と展望
著作者等 山本 博
大塚 謙一
書名ヨミ トベニホンワイン : ゲンジョウトテンボウ
出版元 ワイン王国
刊行年月 2004.1.21
ページ数 350p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4880731536
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想