レヴィナス : ヘブライズムとヘレニズム

哲学会【編】

[目次]

  • レヴィナスにおけるタルムード研究の意義
  • 他者とことば-根源への回帰
  • 顔の形而上学
  • 主体の被造性(cr'eaturialit'e)-依存における自律
  • 顔の彼方の生
  • レヴィナスにおける解釈学のヘブライ的契機-気(ルーアッハ)、psychisme、inspiration
  • 哲学会公募論文
  • 研究論文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レヴィナス : ヘブライズムとヘレニズム
著作者等 哲学会
書名ヨミ レヴィナス : ヘブライズムトヘレニズム
シリーズ名 哲学雑誌 第121巻(第793号)
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.9.30
ページ数 236p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641173249
ISSN 03873366
NCID BA78716671
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想