父さん、僕は金持ちになりたいんだ。

フィオレンティーノ マルク【著】<Fiorentino Marc>;山本 知子【訳】

銀行投資家としてフランスで有名な著者が、17歳の息子から不意に受けた相談-「僕は金持ちになりたいんだ」。金がすべてではないと思っていても、子供の夢を応援するのは親の務め。経験・手法をやわらかく噛み砕き、愛する我が子の向上心を育んでゆく。「そもそも、いくら持っていれば金持ちか?」から始まるハートフルでウィットの効いた対話は、お父さんも息子世代も楽しく読めて経済感覚を磨けます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクション 男になろう
  • とんでもない告白
  • どのくらいお金を持っていれば金持ちなのか?
  • どんな道を選ぶのか?
  • アーティストになったら
  • ひと休み
  • サラリーマンという道
  • 不動産で金持ちに
  • 勉強は本当に必要か、どんな勉強が必要か?
  • どこの国で働くか?
  • 企業家になる
  • 時代の空気
  • これでやっと話ができる
  • 金持ちになるための王道?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父さん、僕は金持ちになりたいんだ。
著作者等 山本 知子
Fiorentino Marc
フィオレンティーノ マルク
書名ヨミ トウサンボクハカネモチニナリタインダ
出版元 英知出版
刊行年月 2006.10.30
ページ数 173p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4754220714
NCID BA79169202
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想