現代日本の金融システム : 金融市場と金融政策

川口 慎二;古川 顕【編】

この研究報告書は、郵便貯金振興会の貯蓄経済研究室内に設けられた「金融システム研究会」における平成17年度の研究成果を一巻の報告書としてまとめたものである。平成7年公刊の第1集から数えて第12集目であり、平成17年度末をもって終了する本研究会の最後の報告書である。本報告書の内容は、これからの金融システムを考えるうえで重要と思われる多くの問題から、各委員がそれぞれに特化、選択した問題について研究を進める過程でまとめられた14篇の論文と1篇の研究資料から構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 金融政策(マネタリー・ベース、銀行貸出およびマネーサプライの関係について-時系列分析による検証
  • 総需要の利子弾力性と金融市場の不完全性 ほか)
  • 第2部 金融機関(ナローバンキング論:再考
  • 金融サービスと郵便貯金-基本的考え方と戦略としての顧客志向 ほか)
  • 第3部 企業と金融市場(日本の新規公開市場
  • わが国上場企業における「有形固定資産減少額」の実態:アンケート調査 ほか)
  • 研究資料(ジンメル『貨幣の哲学』解読の栞(その3)岩崎信彦・廳茂編・「『貨幣の哲学』という作品-ジンメルの価値世界」を読む)
  • 付録(報告書「現代日本の金融システム」(第1集〜第12集)
  • 平成17年度金融システム研究会開催状況)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本の金融システム : 金融市場と金融政策
著作者等 古川 顕
川口 慎二
金融システム研究会
書名ヨミ ゲンダイニホンノキンユウシステム : キンユウシジョウトキンユウセイサク
シリーズ名 金融システム研究会報告書 12
出版元 郵便貯金振興会貯蓄経済研究室
刊行年月 2006.3.31
ページ数 404p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4990236246
ISSN 13497553
NCID BA79762084
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想