収容所群島  2

ソルジェニーツィン A・【著】<Soljenitsyne Alexandre>;木村 浩【訳】

革命以前、ムクサルマ島は、厳しい修業の場を求める多くの修道士が居住した、いわゆる隠遁所であった。収容所時代、ソロヴェツキー諸島の数ヵ所に点在する隠遁所は、囚人の牢獄として格好の場を提供し、血と腐臭にまみれた、おぞましい死の実験場と化した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 牢獄産業(続)(法は成人する
  • 法は成熟する
  • 死刑
  • 禁錮)
  • 第2部 永久運動(群島の船
  • 群島の港
  • 奴隷キャラバン
  • 島から島へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 収容所群島
著作者等 Solzhenit︠s︡yn, Aleksandr Isaevich
木村 浩
Soljenitsyne Alexandre
ソルジェニーツィン A・
書名ヨミ シュウヨウショグントウ : 2
巻冊次 2
出版元 ブッキング
刊行年月 2006.10.15
ページ数 391,28p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4835442490
NCID BA78294865
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想