新妻の嘆き

フッド・スチュアート フィオナ<Hood‐Stewart Fiona>;ジョーダン ペニー<Jordan Penny>;バード ジャクリーン【著】<Baird Jacqueline>;青山 有未;高木 晶子;すなみ 翔【訳】

『新妻の嘆き』-ネーナは、唯一の身内である祖父の告白に衝撃を受けた。祖父は末期癌を患っていたのだ。そのうえ、事業の後継者が必要だから実業家のラモン・ビヤルバと結婚してくれと言う。先日、あの傲慢そうな男性が屋敷を訪ねてきたのは、私を値踏みするためだったのね!結婚なんてしたくないけれど、祖父に心配をかけるのは耐えられない。結局、ネーナは承諾するよりほかなかった。『いつかレディに』-ルシアナは父親と四人の兄に男のように扱われて育ったせいで、女らしさというものにまったく縁がなかった。そんな彼女を見かねて、彼女の長兄夫婦は一計を案じた。一家の古い友人で、恋愛経験の豊富なジェイクに、女らしさとは何かをルシアナに教えてほしいと頼んだのだ。ジェイクとは昔からそりが合わず、ルシアナは最初気が進まなかったが、指導を受けるうち、嫌いなはずのジェイクに心を奪われていく。『氷の結婚』-リサは、ふらりとバーに入ってきたひとりの男に目を奪われた。雷にうたれたような、ひと目ぼれだった。その男アレックス・ソロモスは著名な実業家で大金持ち。彼もリサに強く惹かれ、出会いから二カ月で二人は結婚した。申し分ない日々を過ごしているのに、なぜかリサは物足りなかった。そして自分が決して幸福な妻でないと知ったのは、ある夜の出来事がきっかけだった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新妻の嘆き
著作者等 Baird Jacqueline
Hood‐Stewart Fiona
Jordan Penny
すなみ 翔
ジョーダン ペニー
バード ジャクリーン
青山 有未
高木 晶子
フッド・スチュアート フィオナ
書名ヨミ ニイズマノナゲキ
シリーズ名 ハーレクイン・バリューパック
出版元 ハーレクイン
刊行年月 2006.9.20
ISBN 4596824029
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
いつかレディに ジョーダン ペニー
新妻の嘆き フッド・スチュアート フィオナ
氷の結婚 バード ジャクリーン
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想