ひょいと四国へ : エンピツでなぞる四国遍路

早坂 暁【監修】

弘法大師に導かれ、ご詠歌を書き写し、仏画に色を塗りながら、八十八ヵ所をめぐって、あなたが再生する旅。山頭火や正岡子規など、多くの俳人に詠まれた四国巡礼。エンピツ片手に千四百キロ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 霊山寺-札所巡りの出発点、徳島の「一番さん」
  • 極楽寺-大師の衣の風にさそわれて…
  • 金泉寺-「弁慶の力石」が伝える儚い夢
  • 大日寺-静寂の中、深い森が守る寺
  • 地蔵寺-五百体もの羅漢さんが…
  • 安楽寺-宿坊の温泉大浴場で疲れをとる
  • 十楽寺-四つに分かれる、四国の道場
  • 熊谷寺-平敦盛、供養のための石碑の寺
  • 法輪寺-ぽつんと建つ、「田中の法輪さん」
  • 切幡寺-あえぎながら、長い石段を登る〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひょいと四国へ : エンピツでなぞる四国遍路
著作者等 早坂 暁
書名ヨミ ヒョイトシコクヘ : エンピツデナゾルシコクヘンロ
出版元 オークラ出版
刊行年月 2006.10.9
ページ数 205p
大きさ 19×26cm
ISBN 477550780X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想