えんぴつで書いてたのしむ漢詩 : 一日一首、字が美しくなる

鈴木 淳次【監修】;岡田 崇花【書】

杜甫、李白、孟浩然-古の詩人たちが詠んだ漢詩厳選35首をていねいに紹介。読むたびに、書くたびに、漢詩の世界が広がります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 四季を詠む(春暁(孟浩然(盛唐))
  • 江南の春(杜牧(晩唐)) ほか)
  • 第2章 風景・旅情を詠む(鍾山即事(王安石(北宋))
  • 鹿柴(王維(盛唐)) ほか)
  • 第3章 人生・交情を詠む(行き行きて重ねて行き行く(無名氏(漢))
  • 涼州詞(王翰(盛唐)) ほか)
  • 第4章 音読をたのしむ(江雪(柳宗元(中唐))
  • 楽遊原に登る(李商隠(晩唐)) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 えんぴつで書いてたのしむ漢詩 : 一日一首、字が美しくなる
著作者等 岡田 崇花
鈴木 淳次
書名ヨミ エンピツデカイテタノシムカンシ : イチニチイッシュジガウツクシクナル
出版元 二見書房
刊行年月 2006.9.25
ページ数 126p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4576061453
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想