日本文化と感性教育 : 歴史教科書問題の本質

高橋 史朗【著】

本書では、歴史教科書問題の核心である自国の伝統文化のとらえかたに焦点を当てながら、日本文化の価値と二十一世紀を拓く感性教育について問題提起をする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本文化の感性と歴史教育(中韓の歴史教科書と日日問題
  • 戦後教育の問題点
  • 日本文化の特質の再発見)
  • 第2部 二十一世紀を拓く感性教育(今、なぜ感性教育なのか
  • 感性をはぐくむ総合的学習
  • ライフスキル教育
  • EQをはぐくむ教育)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化と感性教育 : 歴史教科書問題の本質
著作者等 高橋 史朗
書名ヨミ ニホンブンカトカンセイキョウイク : レキシキョウカショモンダイノホンシツ
出版元 モラロジー研究所
廣池学園事業部
刊行年月 2006.9.1
ページ数 183p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 489639125X
NCID BA54713136
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想