関孝和と建部賢弘 : 数学のたのしみ  2006夏

上野 健爾;砂田 利一;新井 仁之【編】

[目次]

  • 日本数学史研究のすすめ
  • 関孝和の伝記-関と『楊輝算法』
  • 関孝和と行列式
  • 数学者の見た関孝和と建部賢弘の数学
  • 円理史研究の新展開-最近の建部研究の成果
  • 中国から見た関孝和と建部賢弘の業績
  • 高校生のための数学セミナー 素数・ゼータ関数・三角関数-三つの問題
  • 連載 日本の数学の流れ(7)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関孝和と建部賢弘 : 数学のたのしみ
著作者等 上野 健爾
新井 仁之
砂田 利一
書名ヨミ セキタカカズトタケベカタヒロ : スウガクノタノシミ : 2006
巻冊次 2006夏
出版元 日本評論社
刊行年月 2006.8.25
ページ数 136p
大きさ 24×19cm
ISBN 4535603197
NCID BA78050714
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想